現役東大生が気ままにつぶやいてみた

はじめまして。私は1年間の浪人生活の末に東大に合格しました。本サイト『現役東大生が送る受験アドバイス』では、私の体験談を踏まえて様々なアドバイスをしていきます!どうぞご覧ください♪

家で勉強できない人がやるべき裏ワザ勉強法【東大生が教える】

「家にいると勉強できない」

「ゲームとかスマホの誘惑に勝てない」

そんな人、よくいますよね(笑)

今回は【家にいると集中・勉強できないアナタ】に実際に私がやっていた勉強法をご紹介します!家にいても勉強モードにスイッチできるテクニックは色々あるんですよ〜。

【家にいても集中する技①】スマホの電源を消す

スマホは最大の勉強の妨げ!!!!と言っても過言じゃありません。

友達からラインが来たり、インストールしたゲームをやったり、ツイッター見たり、、、、スマホをやってる時間ってもったいないですよね。

スマホを触ってると気づいたら1時間過ぎてた、なんてことにもなりかねません。

「今から勉強するぞ!」と決めたら思い切ってスマホの充電を切りましょう。

充電を切ったところで手元に置いたら意味がありません。

勉強机からできるだけ離れた場所、もしくは勉強机のある部屋とは違う部屋にスマホを放置しましょう。(心を鬼にして)

【家にいても集中する技②】適度な運動をはさむ

適度な運動は全身に血液を運び届ける効果があります。

ずーっと何時間もぶっ続けで勉強していると、体に血液が巡らなくなって集中力が落ちる原因となってしまいます。

1時間〜2時間くらい勉強したら、科目を変えるタイミングでグーっと伸びをしてみましょう。

ストレッチなども良い運動になります。

【家にいても集中する技③】勉強前に目標を立てる

やみくもにただひたすら勉強してもあまり集中力は持ちません。

1日の勉強前に『今日やることリスト』を作りましょう。

どの科目をどれだけの時間やるのか、どの問題集をやるのか、細かくスケジュールを決めましょう。

1日に勉強することが一通り決まったら、勉強机の一番目につく場所に紙を貼って、心が折れそうになったら見るように習慣づけましょう。

【家にいても集中する技④】家の中のあらゆる場所で勉強してみる

勉強するとき、いつも勉強机で勉強していませんか?

いつも同じ場所で勉強していると新鮮味がなくなって、脳がだらけてしまいます。

ちょっと生活音・雑音が気になるかもしれませんが、リビングの机などで勉強してみましょう。兄弟の勉強づくえなんかもいいかもしれません。(私はたまに弟の勉強机をこっそり借りていましたw)

環境を変えてみると、案外勉強に対して集中できるもんです。

【家にいても集中する技⑤】家族の協力をえる

自分の部屋でゆっくり勉強してたのに、弟が部屋に入ってきた。

お母さんが「ご飯できたよ〜」って呼びに来た。

そんなシチュエーション、イラッとしません?

(私はガチギレしてました)

「今から◯◯時まで勉強するから、話しかけないでね!」

そう言ってから勉強し始めると、安心して勉強できます。

【家にいても集中する技⑥】勉強机の上はきれいに!

勉強机の上が散らかっていると、心も落ち着きません。

机の上は常に綺麗な状態を保つように心がけましょう。

綺麗な机の上で勉強すると、気持ち良く快適に勉強に取り組むことができます。

自分で勉強するのがツラいなら

自分で勉強している時に、なんとなく集中できない原因としてよく聞くのが「家にいると勉強できない」。

しかし、「家にいると勉強できない」以外にも勉強になんとなく集中できない原因はあるんです。

それは、【今自分がやっている勉強は本当に意味のあるものなのか?】【自分がやっている勉強法で本当に成績が伸びるのか?】という疑問です。

なんとなく自分の勉強法に疑問や不安を感じているのなら、思い切って勉強のプロがやっている勉強法を盗んじゃいましょう!

あまり世間に知られていないオススメは、【大学受験専門塾ディアロ】です。

『ディアロ』は、日本最大の会員数を誇る「栄光ゼミナール」とオリコン日本顧客満足度ランキング高校受験部門で総合1位になった「Z会」が最強タッグを組んで発足しました。

今なら資料請求はタダ!知る人ぞしる勉強法をのぞいてみてください!

無料資料請求はこちら>>“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験!

【まとめ】

いかがでしたか?

今回は【家にいても集中する勉強するテクニック】をご紹介しました。

スマホの電源を消す

・適度な運動をはさむ

・勉強前に目標を立てる

・家の中のあらゆる場所で運動してみる

・家族に協力・理解してもらう

・勉強机の上をきれいにする

しかし、「自分では勉強しているつもり」になっているだけかもしれません。

自分の勉強法を見直してみることも成績アップには重要です。

まずは気軽に資料請求して、自分の勉強法を見直してみましょう〜♩

無料資料請求はこちら>>“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験!

eri-erikun.hatenablog.com